2014 年 2 月 の記事

2014年都知事選の結果の地図化

Posted by kiri on 2014 年 2 月 10 日
地図 / コメントは受け付けていません。

未明に公表された2014年の東京都知事選挙の確定結果をもとに、区市町村単位で主な候補の得票の特化係数を求めた(島しょ部は申し訳ないが省略)。各図に説明があるとおり、ここでの特化係数は、各候補の得票数の区市町村別構成比を、投票者数の区市町村別構成比で割ったうえで100を掛けたものであり、100を超えている区市町村(オレンジや赤)は、全体の投票者の分布に比べて、その候補への投票者が多いことを示している。ただし、得票数そのものを表してはいないので、特化係数が大きくても、その候補者がその地域でトップというわけでもないことには注意が必要。同時に表現するのであれば、カルトグラム(例えばここのように)などを使って、得票数や投票総数で区市町村の大きさを表現する必要がある。各候補の特徴を検討するには手元の材料が少ないのでのちのちということで。

都知事選2014 宇都宮けんじ氏 得票の特化係数 都知事選2014 田母神としお氏 得票の特化係数 都知事選2014 ますぞえ要一氏 得票の特化係数 都知事選2014 家入かずま氏 得票の特化係数 都知事選2014 細川護熙氏 得票の特化係数 都知事選2014 ドクター中松氏 得票の特化係数

 

<2014/02/12追記>

100より大きい・小さいで高さを判断できるのでわかりやすいかと思ったけれど、基本的には得票率の分布と見え方は同じになるので、得票率のほうがわかりやすかったかもしれない。

ここの図は得票率を地図化したもの。区切り方が違うので見え方は少し違う。

<2014/05/09追記>

いまさらですが、地図の投影法を設定し、修正しました。ラベルも付けて、見やすくはしています。