研究成果

個人の研究成果やプロジェクト研究の成果などの公開

2007年1月から本格的に公開を開始した、立命館大学21世紀COEプログラム(現在は文部科学省グローバルCOEプログラム)のもとでのバーチャル京都構築プロジェクトの成果ウェブサイト。高速な3次元都市モデル配信システムであるUrbanViewer for Webを主に利用した「バーチャル京都3Dマップ」を中心に、京都に関する2次元・3次元の歴史的なコンテンツが公開されている。現在も随時更新中。

2007年9月に施行された京都市の新景観条例に合わせて、どの場所が規制にかかるのかを、わかりやすく示すために作成したウェブサイト。GoogleMapsAPIと、MapGuide OpenSourceを利用して構築した。

2件のコメント to 研究成果

濱 裕明
2017 年 2 月 1 日

桐村 喬様
はじめまして 京都で設計活動をしている 濱 裕明ともうします。眺望景観規制検索WebGISがみれなくなりました。
市のホームページからもダメです。復活していただけないでしょうか?大変有効に利用していました。とても残念でしょうがないです。

kiri
2017 年 2 月 10 日

濱様
確認が遅れて申し訳ありません。当時在籍しておりました立命館大学のサーバ上に配置していたのですが、サーバの不具合のため現在稼働しておりません。また、京都市側の担当者も変わってしまっており、申し訳ありませんが、現時点では明確な復旧の見込みはありません。復旧ないしは新たなウェブサイトの構築となるのかはわかりませんが、京都関連の研究プロジェクトは引き続き行われておりますので、継続等の可能性を一度提案してみます。これまでのご利用ありがとうございました。

コメントをどうぞ

WP_Big_City