学会発表(国内)

GIS学会で発表予定だった話

Posted by kiri on 2013 年 10 月 27 日
GIS, Web, 学会発表(国内) / No Comments

相当間隔があいてしまった。それなりに忙しいのと、最近あまりphpとかjavascriptとかに触る機会がないもので・・・。

さて、本来であれば昨日、今日は地理情報システム学会(GIS学会)の大会で、慶應義塾大学の三田キャンパスにいるはずだったのだけれども、台風27号の接近を考慮して中止に。学会のウェブサイトに掲載された会長声明によれば、「今回に発表される予定であったポスターやセッション企画など、何らかの形で発信ができないか模索中でもあります。」とのことなので、今回発表予定だった内容も、どこかで公開できる場が設けられるのかもしれない。

せっかくなので、ここにパワーポイントを載せてもいいのだけれど、学会側の動きを待つことにして、とりあえず公開しても構わない、講演論文集のPDFをアップしておきます(著作権は学会側にあるけれど、本人が公開するのは構わないという規定がある)。

桐村 喬「位置情報付きツイッター投稿データにみるユーザー行動の基本的特徴―観光行動分析への利用可能性―」, 地理情報システム学会講演論文集22, 2013, (CD-ROM, 全4ページ).

内容は、タイトルの通り、位置情報(ジオタグ)がついたツイートから、ユーザーの行動を集計された形で把握し、観光行動の分析に活用してみようという趣旨。ユーザーの行動がある程度見えてしまうため、個人情報には一定の配慮が必要であるものの、土日にツイートが多くなったり、居住地(生活圏)による京都での観光行動の違いなど、理にかなった結果が出てくることを考えると、観光行動の分析にも十分活用できそう。NTTドコモがモバイル空間統計を出して、活用方法を模索しているけれど、一定の制約がある。一方でツイートに関しては、アカウントを取得して、簡単なスクリプトを作成すればデータを取得できるので、誰でも比較的簡単に分析できるところがメリット。ツイート(かつ位置情報を付ける)のタイミングに依存するので、モバイル空間統計よりも時間的、空間的にかなり粗いところはデメリットであるものの、全体で見れば日常的な動きをある程度読み取ることができる。日常的な動きとして把握できる空間的な範囲は、都市圏や都道府県レベルが限度で、大都市圏では沿線ぐらいを判別できないこともない程度。自ら積極的に位置情報を発信しているユーザーでない限り、ピンポイントで自宅や立ち寄り先を把握することはできないので、その点を心配される方はご安心を。

ちなみに、ツイートに位置情報を付ける機能はデフォルトではオフらしいです。オン・オフの方法については、こちらを参照のこと。

ついでに告知。GIS NEXT 45号に、日本地理学会の記事ではあるものの、今回のツイートデータを使った図を少し載せさせていただきました。興味のある方は書店・Amazon等でご購入を(そろそろ発売のはず)。

もうすぐ帰国

Posted by kiri on 2012 年 10 月 18 日
GIS, その他, ロンドン, 学会発表(国内) / No Comments

大航海プログラムによる3度目の滞在もそろそろ終わり。来週には帰国します。やり残したことはまだありそうですが、またの機会を期待して。

そういうわけで、帰国後の仕事についていくつか告知。

来週、10月27日(土)に立命館大学衣笠キャンパスで、GIS Day in 関西 2012が開かれます。午前は講演があり、午後はGISのワークショップ(事前申込み)。関西の方で興味のある方はご参加ください。

再来週、11月2日(金)と3日(土)に東京大学空間情報科学研究センターで開催されるCSIS DAYS 2012で発表します。空間情報科学全般に関するたくさんの発表がありますし、参加は無料なので、興味のある方はどうぞご参加ください。

そして来月、11月17日(土)と18日(日)に立命館大学衣笠キャンパスで人文地理学会大会が開催されます。私はポスター発表をする予定です。参加費2,500円が必要ですが、京都観光のついでに少し参加されるのもいいかもしれません。

さて、MMMの更新が必要な時期になっていますが、現在ロンドンにいるため、更新できません。前回更新以降、10月1日に白岡市が誕生していますが、市制施行なので、地図データは属性を変更するだけで利用できます。帰国後早いうちに更新しますが、当面はその対応でご勘弁ください。

英国からの帰国報告ほか

Posted by kiri on 2012 年 3 月 25 日
お知らせ, ロンドン, 学会発表(国内) / No Comments

遅くなりましたが、2か月半にわたる英国生活(うち1週間はニューヨーク出張)を終え、3月上旬に無事帰ってきました。日英の関係者のみなさまありがとうございました。 Thank you very much for your kindness!

ロンドンはこれからオリンピックに向けて宿代等々どんどん上がっていくので、オリンピックが終わればまた行きたいと思っています。

さて、今は学会発表に合わせた資料調査のために東京に滞在中。今日は都立中央図書館。思ったよりいい資料を発見できた。分析に使えるレベルかはわからないが、今後の研究の参考になりそうだ。明日ももう少し資料収集。

学会は、首都大学東京で開かれる日本地理学会で、発表は水曜日の午前中の最後。準備はもう少しといったところ。

来年度は、授業が1コマ増えるので、ちょっと余裕がないかもしれないけども、このサイトの移転(できれば独自ドメイン取得)と、地理学、地理情報関連のコンテンツを増やすこと考えてます。こうご期待。

いくつかお知らせ(学会発表、論文掲載、再び渡英)(少々修正)

いくつかまとめて報告します。

今週末に龍谷大学大宮キャンパスで開催される、じんもんこん2011の2日目(日曜日)に発表します。論文集の抜き刷りも来ました。

次に、MMMに関する論文の「GIS-理論と応用」誌への掲載が決まりました。ただ、掲載される頃には、年末年始の停電の関係で、サーバがダウンするので、このページを含めアクセスできません。(12/16追記 今年の年末年始は停電がないようですので、利用できます。また、GIS学会のデジタルライブラリには今日から掲載されていますので、興味のある方でGIS学会会員の方はご覧ください。)

また、12月22日から、再び英国UCLのCASAに2か月ちょっと滞在します。昨年度と同じ場所です。3月4日には日本に帰国予定で、その直前の2月下旬に米国のAAGの年次大会で学会発表もする予定です。

論文掲載等、12月までの情報を業績一覧のページに反映しました。

10月・11月の学会発表

Posted by kiri on 2010 年 9 月 25 日
学会発表(国内) / No Comments

今年は、10月と11月にそれぞれ1回ずつ学会発表をする予定。

10月は、23・24日に立命館大学衣笠キャンパス(一般の発表会場は勤務先の建物です(笑))で開かれる地理情報システム学会で発表。
タイトルは「戦前の六大都市における小地域人口統計データベースの構築」で、23日の懇親会直前に発表します。プログラムや簡単な要旨はこちらから。

秋の京都は人が多くて大変ですが、僕の発表はともかく、ぜひとも来てください。

11月は、20・21日に奈良教育大学で開かれる人文地理学会で、「明治末期以降の日本の6大都市における小地域人口統計」と題して発表する予定です。
プログラムはまだ発表されていないので、詳細は人文地理学会のウェブサイトで確認してください。

じんもんこん2009(草津)

Posted by kiri on 2009 年 11 月 27 日
学会発表(国内) / No Comments

12月18・19日に、立命館大学びわこくさつキャンパスで開催される、人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2009」にて発表をします。

どちらも19日の最後のセッション(15:50~)で、以下のようなタイトルになっています。

  • 桐村 喬・塚本章宏・矢野桂司「京都の通り名の時空間データベースの作成とその利用
  • 井上 学・桐村 喬「戦前期における京都市電・市バスの利用に関する一考察

詳細については、じんもんこん2009の公式サイトでご確認ください。

Tags: ,

地理情報システム学会(新潟)

Posted by kiri on 2009 年 9 月 21 日
学会発表(国内) / No Comments

10月15・16日に、朱鷺メッセ(新潟市)で開催される、地理情報システム学会「第18回研究発表大会」で、発表を行ないます。

タイトルは、「京都市における地域名称を名称に含む建物の空間分布に関する基礎的検討」で、16日の最後のセッションとなっています。

学会のウェブサイトに、プログラムと発表要旨が掲載されていますので、よろしければご覧ください。

Tags: , ,

国内学会での発表

Posted by kiri on 2009 年 3 月 17 日
学会発表(国内) / No Comments

3月28~30日に、帝京大学八王子キャンパスで開催される、

日本地理学会2009年春季学術大会にて、下記のようなタイトルのポスター発表を行ないます。

 「2005年の東京23区の社会地区分析―外国人の居住地に注目して―」

詳しくは、日本地理学会のウェブサイトをご覧ください。

地理情報システム学会(2008年度)

Posted by kiri on 2008 年 9 月 23 日
学会発表(国内) / コメントは受け付けていません。

10月23・24日に東京大学生産技術研究所(駒場)にて開催される、地理情報システム学会 第17回研究発表大会にて、研究成果の発表を行ないます。

発表タイトルは、「WebGISによる京都市近代化遺産モニタリングシステムの構築」(他2名と連名の発表)です。

くわしくは、こちらのサイトをご覧ください。

Tags: , ,